STARSブログ

STARSは光触媒技術と紫外線殺菌技術を利用したウィルス対策製品の開発・販売を行っています。

新型コロナウイルスに関連する給付金・補助金・助成金について

こんにちわ、STARS店長です!

 

新型コロナウイルスに関して事業停止を余儀なくされている事業者、個人事業主に関して国から補助金や支援金が支給されるのはご存じかと思いますが、今日はコロナウイルスに関連する、給付金や補助金の種類について紹介したいと思います。

 

特別定額給付金 【個人向け】

知らない人はいないと思いますが、「特別定額給付金」は新型コロナウイルス感染症緊急経済対策の一つとして、2020年4月27日時点において住民基本台帳に記録されている者であれば、誰もが1人あたり10万円が受け取れる給付金です。申請は終了してしまいましたが、自分が住んでいる市区町村へ申請をすれば誰もが受け取れる給付金です。

 

www.soumu.go.jp 

持続化給付金 【個人事業主・法人向け】

持続化給付金は新型コロナウイルス感染症の影響で経営が悪化、あるいは事業の継続が難しくなっているなどの”事業者”を対象とした給付金です。用途は事業に関わることであれば特に限定されておらず、事後の報告なども必要ありません。条件に合い申請が認められれば、個人事業主は最大100万円、法人で最大200万円が給付されます。

 

jizokuka-kyufu.go.jp

 

小学校休業等対応支援金 【個人事業主向け】

小学校休業等対応支援金は、新型コロナウイルス感染症の影響で子どもが通う学校が休校となり、普段であれば自宅で行える委託業務ができなくなってしまった事業者への支援金です。対象者は幅広く、保護者だけでなく「子どもの世話を一時的に補助する親族」なども含みます。

 

www.mhlw.go.jp 

東京都感染拡大防止協力金 【東京都のみ/個人事業主・法人向け】

東京都感染拡大防止協力金は、東京都の協力要請に応え、休業や施設の使用停止などを行った事業者に対し支払われるお金です。中小の飲食業者などに主に支払われている協力金です。酒類の提供を行う飲食店、カラオケ店などが対象になります。

 

jitan.metro.tokyo.lg.jp

 

住宅確保給付金 【個人事業主・法人向け】

住宅確保給付金は、離職等により住居を失っている方、又は失うおそれのある方を対象の生活困窮者自立支援制度による給付金です。新型コロナ感染拡大等の状況を踏まえ、2020年4月20日から対象者が拡大されました。条件として、「離職・廃業から2年以内」、あるいは「休業等により収入が減少し、離職等と同程度の状況にある」といった事業者に対し、3カ月間の家賃相当、休職中の場合は最大9カ月が給付されます。

 

corona-support.mhlw.go.jp

 

休業支援金 【その他、従業員】

新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止の措置の影響により、休業させられた中小企業の労働者のうち、休業中に賃金(休業手当)を受けることができなかった労働者に対して、当該労働者の申請で受けられる支援給付金です。令和2年(2020年)4月1日から9月30日までの間に事業主の指示を受けて休業(休業手当の支払なし)した中小企業の労働者が対象です。

 

www.mhlw.go.jp

家賃支援給付金 【個人事業主・法人向け】

家賃支援給付金」は、新型コロナウイルスの影響で、売上が大幅に減少した事業者への支援策としてテナント事業者の固定費の中で大きな負担となっている地代・家賃の負担を軽減することを目的とした支援制度です。

 

yachin-shien.go.jp

 

小規模事業者持続化補助金 【個人事業主・法人向け】

小規模事業者持続化補助金」は、商工会議所による、小規模事業者が販路開拓などに取り組む際、その費用の一部の補助を行うための補助金制度です。新型コロナウイルス感染症の影響に関しては「特別枠」として補助上限額が一般よりも多くなっています。

 

r1.jizokukahojokin.info

 

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金 【法人向け】

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」は、中小企業・小規模事業者が行う革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を目的とした設備投資などに対して支払われる補助金です。詳しくは「ものづくり補助金総合サイト(中小企業庁及び独立行政法人中小企業基盤整備機構)」の公募要領をご確認ください。

 

portal.monodukuri-hojo.jp 

IT導入補助金 【個人事業主・法人向け】

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者がホームページをつくるなど、IT関連のツールを導入する際に、経費の一部を補助が受けられる補助金制度です。新型コロナ対策でテレワークの導入なども対象になります。現在、公募は全て終了しています。

 

www.it-hojo.jp

 

雇用調整助成金 【個人事業主・法人向け】

雇用調整助成金」は、従業員の雇用を維持するために必要な費用を助成する助成金制度です。具体的には、従業員の休業手当として利用することができます。

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主を支援するため、2020年4月1日~2021年2月28日の緊急対応期間中は、全国で、全ての業種の事業主を対象に雇用調整助成金の特例措置が、実施されています。

 

www.mhlw.go.jp

 

事業継続緊急対策(テレワーク)助成金 【東京都のみ/個人事業主・法人向け】

事業継続緊急対策(テレワーク)助成金は、新型コロナウイルス感染症の影響により、テレワークを導入する都内の中小企業に、テレワークに必要な機器やソフトウェア等の経費を、250万円までであれば東京都が100%助成するものです(現在は終了しています)。

 

www.shigotozaidan.or.jp

 

新型コロナウイルス感染症対策雇用環境整備促進事業 【東京都のみ/個人事業主・法人向け】

新型コロナウイルス感染症対策雇用環境整備促進事業は、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた特例措置による「雇用調整助成金」や「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」を利用し、非常時における勤務体制づくりなど職場環境整備に取り組む企業へ、1事業所につき10万円(1回限り)の「新型コロナウイルス感染症対策雇用環境整備促進奨励金」が支給される制度です(現在は終了しています)。

 

www.hataraku.metro.tokyo.lg.jp

 

皆さんも利用できる公的支援金についてはうまく活用して役立てて下さい。

 

以上、STARS店長でした!

 

astarsman.com