STARSブログ

STARSは光触媒技術と紫外線殺菌技術を利用したウィルス対策製品の開発・販売を行っています。

コロナウイルスの変異種とは?

こんにちわ、STARS店長です。

 

東京では12月26日に1日あたり過去最多の949人の感染者数を出すなど、感染者数が1000人を超えそうな勢いで感染拡大が止まりません。そんな中、新型コロナウイルスの変異種が日本国内でも見つかったと報道されました。

 

コロナウイルス変異種

 

変異種はどこからやってきて、どうやって生まれたのか?

変異種はイギリスの研究者らによる新型コロナウイルスのゲノム解析プロジェクト「COG-UK」の調査により、ロンドンで感染者の研究を行っている研究機関が発見しました。新型コロナウイルスの変異種は「VUI-202012/01」「B.1.1.7」「501Y.V1」等と呼ばれており、イギリスで見つかった変異種とは別の種類の変異種が南アフリカで見つかるなど複数の変異種が見つかっています。

変異が生じた理由については未だ解明されていませんが、新型コロナウイルスに感染した患者の体内から生まれたのではないかといった説や、ワクチンや抗ウイルス薬などの免疫力を抑制する薬が関与しているのではないかといった説が聞かれています。

 

変異種は従来の新型コロナウイルス(COVID-19)より驚異的なウイルスなのか?

変異種の詳細については今も研究中であり、従来のコロナウイルスと比較して致死率が高いかどうかなどについては未だ解明されていない部分が多いですが、これまでの変化(変異)は今までのパンデミックでは前例がなく、従来の新型コロナウイルスより感染力が強い可能性があると言われています。既にイギリスや南アフリカ以外にも、フランス、イタリア、デンマーク、アイスランド、オーストラリア、オランダなど全世界に感染者が広がっており、ここ日本でも関西空港の検疫所で発見された後に市中でも感染が確認されています。

 

変異種とはどう戦う?

残念ながら、新型コロナウイルス同様、変異種に対して有効な方法というのは存在していないようです。また、変異種という未知の部分が多いウイルスなだけに予測不能な部分も多く、今まで以上の脅威を想定しておく必要がある言えるでしょう。

 

変異種の発見により、イギリスではロンドンで警戒レベルを最高レベルにまで引き上げ、パブやレストランなどの飲食店は持ち帰りのみ、劇場など人が集まる施設を営業停止にするなど、既に社会的な処置に踏み込んでいますが、世界の状況と比較すると今の日本の状況はかなりのんびりしているなぁといった印象を感じてしまいます。

 

STARSでは感染対策に関する製品を販売しています。これらの商品が少しでも感染拡大の防止のお役に立てればと思っています。

 

以上、STARS店長でした!

 

astarsman.com