STARSブログ

STARSは光触媒技術と紫外線殺菌技術を利用したウィルス対策製品の開発・販売を行っています。

新型コロナ分科会とは?

こんにちわ、STARS店長です!

 

最近、TVやニュースなどで良く聞く、新型コロナ分科会という言葉ですが、そもそも分科会とはどういった物なのか良く分からない人も多いのではないかと思います。

 

分科会とは、「大きな会議などで、その会議で取り上げられた事項に応じて、分野ごとに専門的に研究・討議を行う小会議」と言われています。つまり、「新型コロナウイルス分科会」は、分野を「新型コロナウイルス」という限定したものについて、詳細な議論を行う小会議と言うことができます。

新型コロナ分科会は、政府分科会などと省略して言われたりもしますが、内閣総理大臣が指名した新型コロナについて最先端をいく専門家や有識者のスペシャリスで構成されています。

 

新型コロナウイルス分科会は新型コロナウイルス感染症対策専門家会議とも言われ、日本の医療提供体制の確保に係る事項や、公衆衛生に関する事項、新型コロナウイルス対策事項(ワクチン接種に掛かる事項など)について議論を行っている重要な会議です。

分科会は政府とは独立した組織ですが、メディアの報道を見たり聞いたりする限りでは、分科会の言っている意見と政府の見解にはどうも隔たりがあるように感じられます。分科会は感染対策に重きを置いた意見を述べ、政府は経済活動の再開を視野に入れた総体的な意見を述べているのです。

 

経済活動を省いて考えれば、今の医療現場が置かれている状況(医療体制崩壊の危機的状況)など含め、恐らく、分科会の提言する意見こそが全うな意見であることは間違いないはずなのですが、政府発表というフィルターを介してみると、どうしてもそこには政治的、経済的な思惑が感じ取れてしまいます。

 

STARS店長の考えは、どういった行動を取るべきなのかは、政府がこう言っているからとか、政府の方針だからではなく、国民一人一人がどう考えどう行動していくのかが重要ではないかと思っています。政府は感染対策が必要と言いつつも、今までと変わらない行動である以上、状況は今までから一向に変化することはありません。

 

STARSでは感染対策に関する製品を販売しています。これらの商品が少しでも感染拡大の防止のお役に立てればと思っています。

 

以上、STARS店長でした!

 

astarsman.com