STARSブログ

STARSは光触媒技術と紫外線殺菌技術を利用したウィルス対策製品の開発・販売を行っています。

飲食店で使える抗菌テープの使い方

こんにちわ、STARS店長です!

 

東京都は11月28日から東京23区および多摩地区の市町村で酒類の提供を行う飲食店とカラオケ店に対し、営業時間を朝5時から夜10時までの間に短縮するよう要請しました。

 

これは飲食を伴う場所での感染事例が多いことから、人が集まってお酒を飲んだり、マスクを外して食事をする場所ほど感染リスクが高いと考えられているからです。

 

今日は飲食店での感染防止対策の一つとして、抗菌テープの使用方法を紹介します。

 

飲食店ではテーブルの上に塩や胡椒などの調味料が置いてあるかと思いますが、それらは不特定多数の来店客が触れている物で、容器の表面には菌などが付着している可能性があります。お店の店員さんが毎回綺麗に清掃しているという店舗もあるかもしれませんが、客先の入れ替わりが多い店舗にとっては、店員さんが毎回アルコールで綺麗に清掃をすることは実際には不可能と言えるでしょう。

 

飲食店感染対策

 

この抗菌テープをテーブル胡椒などの容器に貼っておくだけで、表面に付着した菌から守ることができます!また、こういうテープが容器に貼ってあるだけで、それを見たお客さんに対して、お店の感染防止や衛生管理に対する意識が高いお店だなという好印象を与えることもできます。

 

starsman.supersale.jp

 

飲食店における感染防止対策として、人と人との間にパーティションを敷く、店内の換気を良くする、アルコール消毒を細めに行うなどがありますが、こういった対策は4月7日に緊急事態宣言が発令された後も多くの飲食店で実施されてはきてはいると思いますが、それでもなかなか感染者数を減らすことができていないというのが、現実ではないかと思います。この抗菌テープを使用した感染防止対策は、これまで以上の感染防止対策を行いたい飲食店の方にはぜひ実施してみて貰いたい内容です。

 

以上、STARS店長でした!

 

astarsman.com