STARSブログ

STARSは光触媒技術と紫外線殺菌技術を利用したウィルス対策製品の開発・販売を行っています。

インフルエンザとコロナウィルスの違い

こんにちわ、STARS店長です!

 

冬が近づき、風邪やインフルエンザが流行する季節となってきましたが、コロナウィルスの流行もあって今年はより一層、ウィルスに対して感染対策が求められる年と言えるでしょう。

 

今日はインフルエンザとコロナウィルス(COVID-19)の違いについてあげてみます。下の図は日本感染学会が発表している、インフルエンザとコロナウィルス(COVID-19)の違いです。

 

  インフルエンザ コロナウィルス(COVID-19)
症状の有無 ワクチン接種の有無などにより程度の差があるものの、しばしば高熱を呈する 発熱に加えて、味覚障害・嗅覚障害を伴うことがある
潜伏機関 1~2日 1〜14日(平均5.6日)
無症状感染 10%
無症状患者では、ウイルス量は少ない
数%〜60%
無症状患者でも、ウイルス量は多く、感染力が強い
ウイルス排出期間 5~10日(多くは5~6日) 遺伝子は⻑期間検出するものの、
感染力があるウイルス排出期間は10日以内
ウイルス排出のピーク 発病後2、3日後 発症1日前
重症度 多くは軽症~中等症 重症になりうる
致死率 0.1%以下 3~4%
ワクチン 使用可能だが季節毎に有効性は異なる 開発中であるものの、現時点では
有効なワクチンは存在しない
治療 オセルタミビル、ザナミビル、ペラミビル、ラニナミビル、バロキサビル  マルボキシル 軽症例については、確立された治療薬はなく、
多くの薬剤が臨床治験中
ARDS 少ない しばしばみられる

 

インフルエンザは高熱が特徴ですが、コロナウィルスは発熱に加えて、嗅覚障害・味覚障害といった特徴的な症状をしばしば示します。また、インフルエンザは無症状患者からの感染はごくわずかである一方で、コロナウィルスは無症状患者でも排出されるウィルス量が多く、感染力が強いとされています。

 なお、実際の診療上は、両者の特徴的な症状を示さない場合も多く、感染症対策としては、両者を念頭に置いた上での対策が必要となってきます。

 

コロナウィルスの感染拡大により、最近はコロナウィルスの感染症について注目されていますが、インフルエンザは昔から存在していた感染症であり、コロナウィルスまでの致死率は無いにしても、今後、ますます感染症に対する対策は注力されてくるかと思います。

 

以上、STARS店長でした!

 

astarsman.com